Android SDKを3.2.2から3.3.1にアップグレードする

Android用Vungle SDK 3.3.0は、複数のEventListenersをサポートする機能、Google Play Servicesを使わずにSDKを組み込む機能(必要に応じて)など、新しい機能を導入しました。すべての新しい機能の詳細は、変更ログに記載されています。この記事では、アップグレード時に必要な変更について説明します。

Java 1.7

Android 5以降との互換性を持たせるため、Vungle Android SDKは、JDK 7の開発システムへのインストールを必要とします。

AndroidManifest.xmlとGoogle Play Servicesをアップデートする
前回までのバージョンと異なり、今回のリリースではGoogle Play Servicesを必要としません。ただし、自分のプロジェクトにGoogle Play Servicesを入れることで、Vungleは、さらにカスタマイズした広告体験をエンドユーザーに提供できます。そのため、以下に従って、Manifest.xmlファイルに変更を加える必要がでてきます:

<manifest>

  ...

  <!-- permissions to download and cache video ads for playback -->
  <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
  <uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE" />
  <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION" /> <application> ... <!-- Required Activity for playback of Vungle video ads --> <activity android:name="com.vungle.publisher.FullScreenAdActivity" android:configChanges="keyboardHidden|orientation|screenSize" android:theme="@android:style/Theme.NoTitleBar.Fullscreen"/> </application> </manifest>

複数のEventListenersのサポート

現在パブリッシャーSDKには、複数のEventListenersをサポートする機能が備わっています。この変更を反映するため、メソッドがsetEventListener()からsetEventListeners()に変更されました。さらに、以下のメソッドが追加されました:

メソッド 説明
 addEventListeners() 登録されているEventListenersを消去した後、入力されたEventListenersを追加する。
 clearEventListeners() EventListenersを消去する
 removeEventListeners() 入力されたEventListenersを移動する。

名称が変更になったメソッド

下表に名称が変更になったメソッドを列挙しています。

setEventListener() setEventListeners()
isCachedAdAvailable() isAdPlayable()
EventListener.onCachedAdAvailable() EventListener.onAdPlayableChanged()

 

Proguardのアップデート

新たに2行が、Proguardの構成に必要となります

  -keepattributes Signature
  -keep class dagger.* 
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント