Vungle - iOS SDK(Swift)で始めよう

このガイドでは、Swiftを使用してVungleのiOS SDK をアプリに簡単に組み込む方法を説明します。ここで参照するソースコードは、VungleのパブリックGitHubリポジトリから入手できます。

始める前の注意事項

  • Vungle iOS SDKは、iOS 7以降のみをサポートしています。
  • 組み込みには、Vungleアカウントが必要です。アカウントを持っていない場合はこちらで作成してください。
  • まだVungleアカウントを作成していない場合は、Vungleダッシュボードにアクセスし、アプリケーションをアカウントに追加してください。こうすることで、アプリケーションIDを入手し、Vungle SDKにアプリケーションを追加することができます。追加されたIDは、アプリケーションページに赤色で表示されます。
 

では始めましょう。立ち上げには6つの手順を行う必要があります:

 

1. Vungle Frameworkを自分のXcodeプロジェクトに追加する

Vungle iOS SDKは、リンクが張られているサンプルコードには含まれていないため、Vungleダッシュボードからダウンロードしなければなりません。

VungleSDK.embeddedframework/をプロジェクトディレクトリにコピーします。次に、それをXcode(Frameworks)にドラッグ・アンド・ドロップし、プロジェクトにリンクさせます。

VungleSDK.embeddedframeworkフォルダは、参照(青いフォルダ)としてではなく、一つのグループ(黄色のフォルダ)として追加されます。

 

2. その他の必要なフレームワークを追加する

Vungle SDKでは、他にいくつかの固有フレームワークをプロジェクトにリンクする必要があります。プロジェクトをクリックして、こちらに進みます。

General > Linked Frameworks and Libraries

これらフレームワークの多くは、ほとんどのXcodeプロジェクトの初期設定となっているので既に入っていますが、以下のフレームワークのうちまだ入っていないものがあれば必ず追加してください。

  • AdSupport.framework
  • AudioToolbox.framework
  • AVFoundation.framework
  • CFNetwork.framework
  • CoreGraphics.framework
  • CoreMedia.framework
  • Foundation.framework
  • libz.dylib
  • libsqlite3.dylib
  • MediaPlayer.framework
  • QuartzCore.framework
  • StoreKit.framework
  • SystemConfiguration.framework
  • UIKit.framework
  • WebKit.framework

また Vungle SDK のフレームワークがLinked Frameworks and Librariesの項目内に表示されていることも併せてご確認ください。先程のドラッグ・ドロップで自動的にリンクされなかった場合は、[+] > [Add Other] をクリックすることで手動で追加できます。

3. ObjC リンカーフラグを追加する

Build Settings に進み、 Linking セクション
Other Linker Flags-ObjC に追加します。

4. iOSステータスバーを非表示にする

この作業は必須ではありませんが、推奨します。ステータスバーを非表示にしておくことで、Vungleの広告にインタラクションやプレゼンテーションをスムーズに行うことができます。ステータスバーを非表示にするには、自分のInfo.pListを開き、「View controller-based status bar appearance」キーを追加し、「No」に設定します。

 

5. Bridging Headerファイルを作成する

  • プロジェクト内に新しいObjective Cファイルを作成します(File->New->File [Objective C for iOS])。
  • Xcodeが、Objective CとSwiftとの間にBridging Headerファイルを作成するかどうかを聞いてきます。このプロンプトに従ってください。

  • 新しいObjective Cファイルを削除しますが、Bridging Headerファイル${YOURPROJ}-Bridging-Header.h.は残します。
  • Bridging Headerファイル内に#import#import <VungleSDK/VungleSDK.h> を追加して、Vungleをインポートします。

 

6. コードを追加

  • SDK を初期化します すぐにSDK を初期化し、広告がキャッシュに予め格納され、ユーザーが使える状態になっていることを確認することが重要です。Vungleのサンプルプロジェクト(およびすべてのiOSプロジェクトに対するVungleの推奨)の場合、初期化呼び出しをdidFinishLaunchingWithOptions (VungleのメインAppDelegate)メソッドに追加します。

    AppDelegate.swift : didFinishLaunchingWithOptions:

    var appID = "Your AppID Here"
    var sdk = VungleSDK.sharedSDK()
    // start vungle publisher library
    sdk.startWithAppId(appID)

 

  • ViewControllersで広告を流します - SDKは、AppDelegateの didFinishLaunchingWithOptionsで事前に初期化されているので、最初に表示するViewControllerに以下の短いコードを追加するだけで、広告をユーザーに表示できます。

  • TopViewController.swift
    var sdk = VungleSDK.sharedSDK()
    sdk.playAd(self, error: nil)
    

    広告の表示中に問題が発生した場合のエラー情報を含んだNSErrorパラメータが更新されます。

 

詳細設定

Vungle iOS SDKの詳細(カスタマイズ、イベントリスナー等)をお知りになりたい場合は、Vungleの詳細設定ガイドをご参照ください。Swiftサンプルアプリケーションでは、VungleのplayAdオプションの例が表示されます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント