MoPub + Vungle (iOS) クイックスタート ガイド

このガイドでは、Vungle iOS SDK をサンプル アプリケーションに手早く追加し、MoPub をメインの広告仲介レイヤとしてセットアップする方法をみていきます。

開始前の注意事項…

  • まだ行っていない場合は、Vungle のダッシュボードにアクセスしてアプリをアカウントに追加します。この作業は、Vungle SDK を含むアプリに追加するアプリ ID を取得するために必要です。取得した ID はアプリのページにで表示されます。

それでは始めましょう。 以下に説明する 2 つの手順を行う必要があります。 

Vungle をカスタム ネイティブ ネットワークとしてセットアップする

MoPub サーバーによって統合 Vungle アダプタが認識されるようにするため、MoPub ダッシュボードで Vungle をカスタム ネイティブ ネットワークとしてセットアップする必要があります。 そのためには、以下の手順に従います。

  • MoPub ダッシュボードにログインし、メイン ナビゲーション バーで [Networks] に移動します。
  • [Add a Network] ボタンをクリックし、ページの下部にある [Custom Native Network] を選択します。

[Set Up Your Inventory] セクションで、Vungle SDK を使用して動画広告を提示する広告ユニットごとに以下を行います。

  • これまで Vungle SDK とのやり取りに使用していたネットワーク アダプタを MoPub SDK が見つけられるようにするため、以下を行います。
    - 報酬広告を使用する場合は、"VungleRewardedVideoCustomEvent" をカスタム イベント クラスとして追加します。
    - インタースティシャル広告を使用する場合は、"VungleInterstitialCustomEvent" をカスタム イベント クラスとして追加します。

  • また、カスタム イベント クラス データに Vungle アプリ ID を JSON フォーマットで追加します。例: { “appId” : “Test_iOS” }



Vungle をサードパーティ広告ネットワークとして追加する

MoPub の広告仲介を使用するアプリに Vungle の iOS SDK を追加するには、以下の手順に従います。

  1. すべての Vungle 関連アダプタ ファイル (MoPUb SDK/AdNetworkSupport/Vungle/ にあります) をアプリのプロジェクトに追加し、プロジェクトの [Build Phases] > [Compile Sources] にこれらのアダプタ ファイルが含まれていることを確認します。
    MPInstanceProvider+Vungle.h
    MPInstanceProvider+Vungle.m			
    MPVungleRouter.h
    MPVungleRouter.m	
    VungleInstanceMediationSettings.h
    VungleInstanceMediationSettings.m
    VungleInterstitialCustomEvent.h
    VungleInterstitialCustomEvent.m
    VungleRewardedVideoCustomEvent.h
    VungleRewardedVideoCustomEvent.m
    
  2. Vungle iOS SDK をダウンロードし、VungleSDK.embeddedframework フォルダーを /AdNetworkSupport/Vungle/SDK/ にコピーします。

    • プロジェクトの [Build Settings] > [Framework Search Path] に VungleSDK.embeddedframework が含まれていることを確認します (例: $(PROJECT_DIR)/AdNetworkSupport/Vungle/SDK/VungleSDK.embeddedframework)。

    • VungleSDK.embeddedframework がプロジェクトの [Build Phases] > [Link Binary With Libraries] に含まれていることを確認します。

  3. iOS 向け Vungle スタート ガイドの「その他の必要なフレームワークを追加する」セクションに従って、必要なフレームワークを追加します。

  4. iOS 向け Vungle スタート ガイドの「-ObjC リンカー フラグを追加する」セクションに従って、リンカー フラグを追加します。

  5. iOS 向け Vungle スタート ガイドの「iOS ステータス バーの削除」セクションに従って、ステータス バーを削除します。

  6. iOS 向け Vungle スタート ガイドの「Application Transport Security (ATS)」セクションに従って、ATS 例外を追加します。

  7. Vungle 動画広告を提示したいときに MPInterstitialAdControllershowFromViewController メソッド (報酬広告の場合は MPRewardedVideopresentRewardedVideoAdForAdUnitID メソッド) を呼び出します。(Vungle iOS SDK のメソッドを直接呼び出す必要はありません。MoPub SDK がこれを行います。)

MoPub のインタースティシャル広告コントローラーのセットアップ方法の詳細については、MoPub の iOS 向けインタースティシャル統合ガイドを参照してください。

以上で終わりです。これで、Vungle の広告は MoPub の標準広告提示ウォーターフォールに組み込まれます。 eCPM を手動で設定してウォーターフォール位置を制御する場合は、MoPub ダッシュボードの Segment Detail ページで行います。

MoPub と Vungle の統合の詳細については、MoPub のヘルプ センターを参照してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント