ironSource + Vungle (iOS) クイックスタート ガイド

以下の指示に従い、ironSourceをメインの広告仲介レイヤとして設定したサンプル アプリケーションにVungle iOS SDKを迅速に追加します。

始める前に...

  • Supersonic は、現在ironSourceという名前に変わっています。

  • まだ行っていない場合は、Vungle のダッシュボードにアクセスしてアプリをアカウントに追加します。SDKで追加するアプリのアプリIDを取得するためには、この作業が必要です。このIDはお使いのアプリのページに赤色で記載されています。

それでは始めましょう。以下の3つの手順を実行することで準備が整います。

1.ironSourceにVungleを追加する

  1. ironSourceにログインしたら、画面上部のナビゲーションバーにある [Monetize (マネタイズ)] でVideo Mediationの [Network Setup (ネットワークの設定)] セクションに移動することでVungleを有効にします。

    図1: ironSourceのネットワーク設定ページ


  2. [Vungle] を選択した後、図2および図3に示すように、ironSource Mediationの必須フィールドであるレポートAPIキー、アプリケーションID、およびレポートAPI IDをすべて追加します。これらのフィールドはすべてVungleダッシュボードにあります。

    図2: アカウント設定ページでレポートAPIキーを入力する。


    図3: アプリケーション設定ページでアプリケーションIDとレポートAPI IDを入力する。


2.Vungle SDKを追加する

デフォルトのVungle (iOS) スタートガイドにある手順のうち、実際のコードの変更を扱う手順を除くすべての手順に従います。 広告はironSourceから呼び出すことになるので、Vungle SDKを直接扱う必要はありません。

3.アプリケーションにironSource Vungleアダプタを追加する

  1. ironSourceのウェブサイトから最新のアダプタをダウンロードします。
  2. 解凍したSUVungleAdapter.frameworkを、お使いのXcodeプロジェクトにドラッグアンドドロップします。

これで終わりです。この統合が完了すると、デフォルトのironSourceウォーターフォールローテーションにVungleが自動的に追加されます。広告を表示するときに、ironSourceのshowRVメソッドに対するすべての呼び出しでVungleが考慮されるようになります。統合したネットワークの優先順位設定をironSourceで手動で制御するには、ironSourceダッシュボードでVideo Mediationカテゴリの管理ページに移動します。

ironSource + Vungle統合の詳細とサポートについてはironSource Knowledge Centerを参照してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント