AdMob Mediation + Vungle v.1.0 - v.4.1 (iOS) の組み込み

このガイドでは、AdMob メディエーション レイヤに Vungle の iOS SDK を追加する簡単な手順を説明します。AdMob メディエーションに Vungle 広告を含むには、AdMob SDK と Vungle SDK の間の通信を可能にする Vungle アダプタを組み込む必要があります。

目次

1.始める前に...

2.AdMob ダッシュボードにアプリを追加する

3.AdMob SDK を iOS プロジェクトに組み込む

4.Vungle アダプタと SDK を iOS プロジェクトに組み込む

5.Vungle が AdMob メディエーションに追加される

6.拡張機能 (オプション): 追加のパラメータを渡す

1.始める前に...

  • このチュートリアルを開始する前に、AdMob をセットアップしておく必要があります。まず、AdMob のアカウントを作成します

  • Vungle AdMob iOS アダプタは、インタースティシャルと報酬型の動画広告配置の両方に対応しています。

    • インタースティシャル動画広告は選択した場所で自動的に再生されます。Vungle ではこのような動画を "ノンインセンティブ広告" と呼びます。

    • 報酬型動画広告は、ユーザー オプトイン式で、広告の視聴と引き換えにユーザーに報酬を提供します。Vungle ではこのような動画を "インセンティブ広告" と呼びます。

  • まだアカウントにアプリを追加していない場合は、Vungle ダッシュボードにアクセスし、アカウントにアプリを追加します。この手順は Vungle アプリケーション ID を取得するために必要となります。取得した Vungle アプリ IDは、AdMob 内で Vungle を初期化するときに使用します。

2.AdMob ダッシュボードにアプリを追加する

  1. AdMob ダッシュボードにログインして、[+ Monetize New App] をクリックします。

  2. [Step 1 - Select an app] で、アプリが Apple App Store でライブになっている場合は [Search For Your App] をクリックします。アプリを手動で追加する場合は、[Platform] に [iOS] を選択するようにしてください。

  3. [Step 2 - Select ad format and ad unit] で:

  • Vungle 広告はすべて動画広告となるため、[インタースティシャル] 広告には [Video] オプションを選択します。



  • [報酬型動画] 広告には、[Set a reward] オプションを選択し、[Reward amount] フィールドと [Reward item] フィールドに値を入力します。Vungle では、サードパーティーの広告ネットワーク設定を使用する」機能がサポートされていません。



  • アプリを追加したら、こちらのガイドに従って Vungle を広告ネットワークとして追加します。



    • [+ New Ad Network] をクリックし、左パネルから [Vungle] を選択します。Vungle ダッシュボードで Vungle アプリケーション ID を取得します (Vungle では、インタースティシャルと報酬型インタースティシャルの両方に 1 つのアプリを使用します)。

    • [Ad network optimization (Optional)] には、Reporting API キーを入力し、AdMob が Vungle の Reporting API を通して eCPM にアクセスできるようにします(キーを持っていない場合は、「Reporting API キーはどのように申請すればいいですか」を参照してください)。

    3.AdMob SDK を iOS プロジェクトに組み込む

    1. AdMob の 『 スタートガイド』の手順に従って AdMob SDK を iOS プロジェクトに組み込みます。
    2. AdMob の『Interstitial Ads』ガイドや『Rewarded Ads: Publishers Get Started』ガイドを読み、広告をリクエストして表示します。

    4.Vungle アダプタと SDK を iOS プロジェクトに組み込む

    1. Vungle AdMob アダプタ 1.3.1 をダウンロードします
    2. Vungle iOS SDK 4.1.0 をダウンロードします
    3. Vungle AdMob アダプタを [Frameworks] フォルダーの下に置き、プロジェクトに追加します。



    4. Vungle スタート ガイド - iOS SDK で、手順 1 ("1.Vungle フレームワークを Xcode プロジェクトに追加する") に従います。Vungle フレームワークを追加するには、Cocoapods を使用する方法と手動で組み込む方法があります。

     

    5.Vungle が AdMob メディエーションに追加される

    Vungle が デフォルトの AdMob ウォーターフォールに追加されます。他にも選択した広告ネットワークがあればそれも追加されます。後は組み込みをテストし、アプリを送信した後、Vungle と AdMob をテストモードから本番稼働状態に切り替えるだけです。

    6.拡張機能 (オプション): 追加のパラメータを渡す

    iOS SDK v4.0.6 を使用した AdMob アダプタ v1.3.0 は、追加のパラメーターをサポートしています。

    メソッド

    説明

    userId

    Vungle SDK に渡される一意のユーザー ID を設定し、インセンティブ広告のサーバー間コールバックで使用できるようにします。

    muted

    広告開始時のサウンドの状態を設定します。YES に設定されている場合、動画はミュートされた状態で始まりますが、ユーザーはサウンドの状態を変更できます。

    サンプル 組み込みコード:

    
    VungleAdNetworkExtras *extras = [[VungleAdNetworkExtras alloc] init];
    extras.userId = @"userId";
    extras.muted = YES;
    GADRequest *request = [GADRequest request];
    [request registerAdNetworkExtras:extras];
    // 報酬ベース [[GADRewardBasedVideoAd sharedInstance] loadRequest:request withAdUnitID:UnitIDRewardBased];
    // インタースティシャル GADInterstitial *interstitial = [[GADInterstitial alloc] initWithAdUnitID:UnitIDInterstitial];
    [self.interstitial loadRequest:request];
     
    他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

    コメント