iOS 10 のためにアプリを準備する

iOS 10 のアプリは、2016 年末から HTTPS 接続を使用することが必須となります。Vungle iOS SDK はバージョン 4.0.4 から iOS 10 のパフォーマンス最適化を活用し、Apple の App Transport Security (ATS) イニシアチブをサポートしています。

Apple は iOS 9 で App Transport Security (ATS) 機能を導入しました。ATS を有効にすると、HTTP 接続で HTTPS を使用しなければならなくなります。セキュアでない HTTP 接続を使用して接続しようとすると、失敗します。ATS は Transport Layer Security (TLS) プロトコル バージョン 1.2 を使用しています。詳細については、Apple のドキュメントを参照してください。

Vungle iOS SDK は SSL リンクを扱うことができ、返された ATS エラーに対処する新しいロジックを備えています。iOS 10 に基づくパフォーマンス最適化を利用するため、最新の Vungle SDK にアップグレードすることを強く推奨します。

Vungle iOS SDK バージョン 4.0.9 にアップグレードすると、2017 年 1 月 1 日以降、.plist ファイルで以下の項目を追加または変更できます。

<key>NSAppTransportSecurity</key>
<dict>
    <key>NSAllowsArbitraryLoads</key>
<false/> </dict>

この項目を追加しない場合、NSAllowsArbitraryLoads はデフォルトで false になります。

*2017 年 1 月 1 日までは、NSAllowsArbitraryLoadstrue に設定することを推奨します。

この ATS の変更に加えて、iOS 10 ではオペレーティング システムの広告追跡機能 (追跡型広告を制限と呼ばれています) が改訂されました。Vungle ではこの変更への対応準備も完了しており、Vungle iOS SDK は引き続き、[追跡型広告を制限] オプションを有効にしているユーザーからのインストール後アクションを追跡します。また、パブリッシャーはこの iOS 10 の変更に完全に対応できるようにするため、使用中の Vungle SDK をアップグレードする必要があります。詳細については、このブログ記事をお読みください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント