MoPub と Vungle SDK v.6 の統合 (Android)

MoPub をメインの広告仲介レイヤとして使用して Vungle Android SDK をアプリケーションに追加するには、このガイドに従ってください。

目次

はじめに

手順 1. Vungle をカスタム ネイティブ ネットワークとしてセットアップする

MoPub サーバーによって統合 Vungle アダプタが認識されるようにするには、MoPub ダッシュボードで Vungle をカスタム ネイティブ ネットワークとしてセットアップします。

  1. MoPub ダッシュボードにログインし、メイン ナビゲーション バーで [Networks] を選択します。

  2. 画面右上の [New network] ボタンをクリックします。

    Screen_Shot_2018-05-08_at_2.53.52_PM.png

    リストで、[Vungle] を選択します。

  1. Vungle をネットワークとして作成したら、ネットワークのリストで [Vungle] を選択します。次に、[Set Up Your Inventory] セクションで、Vungle SDK を使用して動画広告を表示する広告ユニットごとに、Vungle SDK と通信するためのネットワーク アダプターを MoPub SDK で検出できるかどうかを確認します。

    Screen_Shot_2018-05-08_at_3.03.03_PM.png

    • 広告ユニットに対して MoPub の報酬型動画を使用する場合は、[Custom Event Class] セクションに com.mopub.mobileads.VungleRewardedVideo を追加します。

    • 広告ユニットに対してインターステイシャルを使用する場合は、[Custom Event Class] セクションに com.mopub.mobileads.VungleInterstitial を追加します。

    • Vungle アプリケーション ID、広告ユニットから呼び出す配置広告の広告配置参照 ID、アプリケーションで使用するすべての広告配置参照 ID を、[Custom Event Class Data] セクションに JSON 形式で追加します。

    • pid で、MoPub の広告ユニットにリンクする広告配置参照 ID を設定します。
      注: 各アプリケーションで、デフォルトの配置広告が自動的に作成されます。広告配置機能を使用するかどうかにかかわらず、この初期化手順で広告配置参照 ID を指定する必要があります。複数の配置広告を作成する場合は、すべての参照 ID を指定してください。

    • Vungle ダッシュボードで [rewarded type] として設定されている配置広告を、[Rewarded Video] として設定されている MoPub 広告ユニットにリンクし、Vungle ダッシュボードで [interstitial type] として設定されている配置広告を、[Fullscreen (320 x 480)] として設定されている MoPub 広告ユニットにリンクしてください。
      { "appId":"5935efecc802d63d5100000f", "pid":"DEFAULT05223", "pids":"DEFAULT05223, PADUNIT49379, PADUNIT68848, PADUNIT04241, PADUNIT53279, PADUNIT08448" }

注意: Vungle SDK では、Vungle ダッシュボードで自動キャッシュ対象として選択した広告配置の広告が自動的にキャッシュされます。最初に表示される MoPub 広告ユニットまたは最も頻繁に表示される広告ユニットを自動キャッシュ対象の広告配置に選択することを強くお勧めします。

手順 2. Vungle をサードパーティ広告ネットワークとして追加する

MoPub の広告仲介を使用するアプリに Vungle の Android SDK を追加するには、以下の手順に従います。

  1. Vungle に関するすべてのアダプター ファイル (MoPub アダプター リポジトリ/extras/src/com/mopub/mobileads/ ディレクトリ内のファイル) を、アプリケーションのプロジェクトの /src/main/java/com/mopub/mobileads/ ディレクトリに追加します。MoPub SDK は、ディレクトリ内でこれらのファイルを「カスタム イベント クラスのプロパティ」として参照するため、この手順が必要になります。

    • VungleInterstitial.java
    • VungleRewardedVideo.java
    • VungleRouter.java
    • VungleRouterListener.java

  2. Vungle スタート ガイド - Android SDK」の「手順 1. Vungle SDK をプロジェクトに含める」セクションに記載されている手順に従い、必要なフレームワークを追加します。

  3. Multidex、Proguard、Google Play Services を設定する必要がある場合は、「Vungle スタート ガイド - Android SDK」の「詳細設定」セクションに記載されている手順に従い、プロジェクト内の AndroidManifest.xml ファイルを更新します。

  4. Vungle 動画広告を提示する場合は、MoPubInterstitialshow メソッドを呼び出します (または、報酬型広告の場合は MoPubRewardedVideosshowRewardedVideo メソッドを呼び出します) (Vungle Android SDK のメソッドを直接呼び出す必要はありません。MoPub SDK によって呼び出されます)。

構成オプション (任意指定)

インターステイシャル広告

属性

デフォルト値

説明

SOUND_ENABLED_KEY

true

広告を再生する際の音声のミュートを切り替えます。ミュート状態で広告を再生する場合は false、音声付きで再生する場合は true を指定します。

ORDINAL_VIEW_COUNT_KEY

null

Vungle から序数データ レポートを受け取った場合は、このオプションを使用して媒介序数を渡します。このオプションは、ゲーム セッション内でこの広告が表示された順序を示す整数です。たとえば、現在のセッション内で 2 つの広告がすでに表示されていて、Vungle の広告が 3 番目に表示された場合は、「3」を渡します。序数データの詳細については、こちらを参照してください。

FLEX_VIEW_CLOSE_TIME_KEY

null

秒数を指定します。この秒数が経過すると、Flex View 動画が自動的に終了します。

 ashMap<String, Object> extras = new HashMap<>(); extras.put(VungleInterstitial.SOUND_ENABLED_KEY, false); extras.put(VungleInterstitial.ORDINAL_VIEW_COUNT_KEY, 1); extras.put(VungleInterstitial.FLEX_VIEW_CLOSE_TIME_KEY, 5); mMoPubInterstitial.setLocalExtras(extras); mMoPubInterstitial.load(); 

報酬型広告

属性

デフォルト値

説明

withUserId

null

アプリケーションに渡す一意のユーザー ID を指定します。これにより、指定のユーザーがインセンティブ広告を視聴した場合に、そのユーザーに報酬が与えられます。

withCancelDialogBody

"Closing this video early will prevent you from earning your reward. Are you sure?"

インセンティブ広告をスキップするときに表示される確認メッセージの本文を設定します。

withCancelDialogCloseButton

“Close Video”

インセンティブ広告をスキップした場合に表示される確認ダイアログのキャンセル ボタンのテキストを設定します。

withCancelDialogKeepWatchingButton

“Keep Watching”

インセンティブ広告をスキップするときに表示される確認ダイアログの、このまま広告を表示するかどうかを確認するためのボタンのテキストを設定します。

withCancelDialogTitle

“Close Video?”

インセンティブ広告をスキップするときに表示される確認メッセージのタイトルを設定します。

withSoundEnabled

true

広告開始時の音声の状態を設定します。true を指定すると、デバイスの音量とサウンド設定に基づいて音声が再生されます。false を指定すると、ミュート状態で動画が再生されます。ただし、ユーザーは、ミュートのオンとオフを切り替えることができます。

withOrdinalViewCount

null

Vungle から序数データ レポートを受け取った場合は、このオプションを使用して媒介序数を渡します。このオプションは、ゲーム セッション内でこの広告が表示された順序を示す整数です。たとえば、現在のセッション内で 2 つの広告がすでに表示されていて、Vungle の広告が 3 番目に表示された場合は、「3」を渡します。序数データの詳細については、こちらを参照してください。

 public class MainActivity extends Activity { @Override MoPubRewardedVideos.initializeRewardedVideo(this, new VungleRewardedVideo.VungleMediationSettings.Builder() .withUserId("VUNGLE_TEST_USER") .withCancelDialogTitle("TITLE") .withCancelDialogBody("BODY") .withCancelDialogCloseButton("CLOSE") .withCancelDialogKeepWatchingButton("CONTINUE") .withSoundEnabled(false) .withOrdinalViewCount(10) .build() ); MoPub.onCreate(this); // ... } 

その他の注記

Android SDK - ハードウェア アクセラレーション

対象となる API のレベルが 14 以上に設定されている場合、ハードウェア アクセラレーションオプションがデフォルトで有効になります。Dynamic Template 広告と通常の広告を正しく表示するには、このオプションを有効にする必要があります。以下のように、プロジェクト内でこのオプションが「true」に設定されていることを確認してください。

 < application android:hardwareAccelerated="true" ... > 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント